究極の英文法

最小の努力で最大の効果を得る英文法問題・解説を提供します。

英文法・その他の質問と回答

of course の of の発音

携帯サイト最強の英文法に寄せられた「英文法に関する質問と回答」を掲載します。
あなたの疑問解決に少しでもお役に立てれば幸いです。

Q:拓未さん

こんばんは。よろしくお願いします。

単語ofの発音ですが、いかなるCDを聞いてもOf course.に出てくるofは語尾が「v」ではなく「f」と聞こえます。

正直中学校で学ぶ定番の表現ですのであまり考えた事がなかったのですが、ふと不思議に思いました。辞書にも載っていませんので、なぜなのかお聞きしたいと思います。



 ↓

 ↓

 ↓

A:オッハー(管理人)

拓未さん、質問どうもです!

これは音の同化という現象で、of course の場合は、course の「k」という無声音の発音に影響されて音が変化したものです。

have to や has to も、have has の後の「t」という無声音に同化して、「v」や「z」が「f」や「s」というように無声音化したものです。

ゆっくり読めば、「v」という音になるのですが、早口で言うと「f」の音に同化されるようです。

言いやすいからだと思います。

日本語の「くにぐに」国々なども一種の同化で、言いやすいからそうなったということです。

 ↓

 ↓

 ↓

RE:拓未さん

なるほど、音の同化なんですね。有難うございました。

ところで管理人先生、随分早朝に返信を頂きまして、早起きですね(笑)

7時前に返信を打つということは・・・何時位から活動を始めているのか考えると足を向けて寝られなくなります。

これからもよろしくお願いします。



英文法の問題を無料のメルマガでお届けします。

問題を解いて、解説を読めば、必ず英文法の力が付きます。

⇒ 無料メルマガ「最強の英文法」

無料メルマガの内容を携帯やスマホに対応したサイトにまとめています。

最小の努力で最大の文法問題に対応する力が付きます。

⇒ モバイルサイト「最強の英文法」

PCやタブレットに対応しています。もちろんスマホにも対応したサイト。

英文法問題や英文法の質問と回答などをまとめています。

⇒ レスポンシブサイト「究極の英文法」




この記事が役に立ったらクリックして下さい。

人気blogランキング


in need の意味

携帯サイト最強の英文法に寄せられた「英文法に関する質問と回答」を掲載します。
あなたの疑問解決に少しでもお役に立てれば幸いです。

Q:いちごさん

こんばんは☆初めて投稿します∩((=゚∀゚=))∩

*ほんとうの友人なら、あなたが本当に困っているときに見捨てはしないでしょう。

A true friend would not leave you in need.

★最後のところが分かりません(。´_`)ノ
「leave~inで見捨てるという意味を持つ?」なのか、「in needで必要なとき?」???
どちらにしても、なぜこんなところに「need」が・・・(o。・・。)o?

教えてください(*´□`*)

 ↓
 ↓
 ↓

A:くぼたくさん

leaveは「何かを残した状態で離れていく」という感じの意味の単語です。
そのため、“leave you”で「あなたを置いていく」=「見捨てる」
という意味になります。

needで困っていらっしゃるようですが、ここでは名詞で「必要」です。
そして、inは「中にある」ことを意味するため、
“in need”の部分で、「あなたが必要としている状況の中では」
ということを表します。
遠回しに「困っている」ということを言っているのだとお考え下さい。
これは熟語というほどのものではないと思います。

RE:オッハー(管理人)

くぼたくさんのおっしゃる通りです。
補足です。

in + 抽象名詞で、「~の状態」を表します。
例えば、
He is in good health.
「彼は健康です」(良い健康状態にある)
などです。

そして、手元にある辞書のGENIUSによると、need の意味は
(遠まわしに)困った事態、窮地、貧困、窮乏などがあります。

in need 「困っている(状態)」となります。

英文法の問題を無料のメルマガでお届けします。
問題を解いて、解説を読めば、必ず英文法の力が付きます。
⇒ 無料メルマガ「最強の英文法」

無料メルマガの内容を携帯やスマホに対応したサイトにまとめています。
最小の努力で最大の文法問題に対応する力が付きます。
⇒ モバイルサイト「最強の英文法」

PCやタブレットに対応しています。もちろんスマホにも対応したサイト。
英文法問題や英文法の質問と回答などをまとめています。
⇒ レスポンシブサイト「究極の英文法」


この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング