究極の英文法

最小の努力で最大の効果を得る英文法問題・解説を提供します。

06月

come true か become true か?

■come true か become true か?



Q

チョメ沼さん


ある問題でthe dream (  ) true.という穴埋め問題があったのですが、この空所にbecomeが入らない理由が分かりません。

ご存知の方がいたら教えて下さい!



A

チョメ沼 さん,

the dream come true は (like) a dream come true という慣用・定型表現のバリエーションだと思います。(辞書で dream を引いてみてください。)

理屈としては become でも可能のように思われますが,慣用的に come が使われる,ということなのだろうと思います。(「百聞は一見に如かず」の「百」を「千」とか「万」にしても意味は変わらないでしょうが,そういう言い方は普通しません。それと同じです。)



ネット上で調べると,  "dream become true" … 810件 ということで,一見このような使い方をする人も結構いるような感じですが,慣用の come の方の例を調べてみると,以下のように圧倒的です。

"dream come true" … 2,5300,000件



現在携帯メルマガ「最強の英文法」を発行して、毎日文法問題を配信しています。

→ 「最強の英文法」無料メルマガ

携帯サイト「最強の英文法」も運営していますので興味がある方は見て下さいね。

→ 「最強の英文法」サイト




→ 動詞の質問一覧に戻る



→ 英文法の質問と回答の一覧に戻る



→ 究極の英文法のトップに戻る


be to blame

■be to blame




Q

けんさん



There is an imbalance of exchange students between the U.S.and Japan, and I think japan is to blame.

この文のis to blame はどういう意味なのでしょうか? 

参考書などで調べるとbe to でshould と同じ意味と書いてありました。

そしてこのblame の目的語はどこにあるのでしょうか? お願いします。




A

オッハー



けんさん、質問どうもです!

is to blame「悪い、責任がある」 という表現は、変遷する英語の歴史のなかで、偶然に残ってしまった慣用表現ですので、そのまま覚えることをおすすめします。



本来、be to be blamed「非難されるべきである」と表現すべきなのに、なぜ be to blame だけが慣用句として残ったのかという理由ですが、OED によると、"In the 16-17 centuries, ‘to’ was misunderstood as ‘too’ and ‘blame’ was taken as an adjective"「16-17 世紀に、to が too と誤解され、blame が形容詞と解釈されてしまった」からであると説明しています。




RE

けんさん



ありがとうございます。 慣用表現だったのですね。

色々、詳しい説明まで頂いてありがとうございます。




A

Emanonさん



オッハーさん,

> 本来、be to be blamed「非難されるべきである」と表現すべきなの

> に、なぜ be to blame だけが慣用句として残ったのかという理由で

> すが、OED によると、"In the 16-17 centuries, ‘to’ was

> misunderstood as ‘too’ and ‘blame’ was taken as an adjective"

> 「16-17 世紀に、to が too と誤解され、blame が形容詞と解釈さ

> れてしまった」からであると説明しています。



この点については,かつて No.1610 – 2007/01/06(Sat) 17:10:39 (ムーンさんの質問)へのコメントとして,私は次のように書いたことがあります。

> 「主語+be to do …」の構文は,英語の歴史をひもとくと,古英

> 語(450-1100)の時代までさかのぼります。そして当時の語法とし

> ては,be to do の do が他動詞のとき,to do は「受け身」を表し

> たのだそうです。要するに "to do …" は,現代の "to be done

> (「…された」)と同じ意味で用いられたということです。



オッハーさんが引用された OED の説明は,おそらく16-17 世紀に限定されたお話なのではないでしょうか。

この意味が現在の "be to blame" のもとになっているということではないと思います。

*参考:be to blame 以外の今日まで生き残った同様の表現としては,be to let (let は「(~を)賃貸しする」の意味)があります。




RE

オッハー



Emanonさん、貴重なご意見を有難うございます!

be to do の do が他動詞のとき,to do は「受け身」を表していたということですね。

その表現が今も残っている例ですね。

勉強になります。

attendの用法

■attendの用法



Q

"attend to" と "attend on" の使い分けがよく分かりません…教えて下さい!!



A

attend ~「~に出席する、通う」

attend to ~「~に注意する」

attend on ~「~に付き添う、看護する」 です。




→ 動詞の質問一覧に戻る



→ 英文法の質問と回答の一覧に戻る



→ 究極の英文法のトップに戻る