究極の英文法

最小の努力で最大の効果を得る英文法問題・解説を提供します。

07月

can と be able to の違い








auxiliarytitle


   助動詞の回答


■can と be able to の違い



Q



ネイティブはcanとbe able toをどこを基本にして使いわけてるのですか?

よろしくお願いします!





オッハー



私はネイティブではありませんので、申し訳ありませんが、一般的な話しかできません。

もっと詳しく知っている方の答えを待っています。



can = be able to というのは「~する能力がある」というときだけです。



can には ability(能力)の他に permission(許可) request(要求) possibility(可能性)などいろんな用法があります。

現在形では be able to より can の方が一般的によく使われます。

過去形では意味が異なります。

could 「やろうと思えばする能力があった」

was able to 「する能力があったし、実際にした」

ぐらいの違いがあります。









現在携帯メルマガ「最強の英文法」を発行して、毎日文法問題を配信しています。

→ 「最強の英文法」無料メルマガ

携帯サイト「最強の英文法」も運営していますので興味がある方は見て下さいね。

→ 「最強の英文法」サイト




→ 助動詞の質問一覧に戻る



→ 英文法の質問と回答の一覧に戻る



→ 究極の英文法のトップに戻る