究極の英文法

最小の努力で最大の効果を得る英文法問題・解説を提供します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote





a_ilst003
■動詞( Verb )出題されやすい10のポイント




③ SVCをとる動詞

—————————————————————————–

■Verb-03
●Choose the best answer for the blank.

03. We have (  ) short of coffee.

(1) be
(2) run
(3) rise
(4) left

 ↓
 ↓選んだ?
 ↓
 ↓
 ↓

●Answer
03. (2) run

「コーヒーが足りなくなった」

run short of ~「~が不足する」

「~になる」という動詞を覚える。



【解説】

第2文型(SVC)の文には S=C の関係が成立します。

(例)The dog is Pochi.「その犬はポチです」 
the dog = Pochi 「その犬はポチ」で「ポチはその犬」です。

最近ポチとかあまりいないんですけどね。


SVCをとる代表的な動詞は、be動詞です。
このbe動詞の代わりに様々な動詞を用いて、様々な意味を表せます。

(例)He is happy. 「彼は幸せです」→He looks happy.

「彼は幸せそうです(幸せそうに見える)」

SVCをとる動詞は3つに大別されます。
①「~になる」という意味をもつもの
become, get, grow, turn, go, come, run, make, fall, prove, 全部「~になる」と訳せます。
(例)get cold 「寒くなる」, turn red 「赤くなる」, go blind 「目が見えなくなる」, come true 「実現する(本当になる)」など

②知覚動詞、感覚に関係のあるもの
appear 「~のようだ」, seem「~のようだ」, look「~のように見える」, sound「~のように聞こえる」, taste 「~の味がする」, smell 「~のにおいがする」, feel 「~の感じがする」など。

③「~のままである」の意味をもつもの
remain, keep, stay, stand など。全部「~のままである」という意味です。
(例)He is calm. 「彼は冷静である」→He remains calm. 「彼は冷静なままである」


第2文型(SVC)をとる動詞を覚える!




⇒ 動詞のポイント一覧に戻る


⇒ 究極の英文法トップページに戻る